生活をする

日々の記録

子連れ沖縄旅行④

 

パイナップルパークを出た時点で14時を過ぎていたが己を震わせ移動。

(10分たらず)

 www.neopark.co.jp

WEBだと小奇麗だが、ここも大分色々くたびれている・・・

湿気のせいなのか?兎に角、沖縄の建物基本スラム感漂ってる。

母も父も疲労がピークに達し、写真もかなり雑になりだす。

 

エントランスと思われる所でチケットを買い、

その先のホールみたいな所の窓(ほんとにアルミサッシの窓)を

開けると鳥天国。チケットのもぎりすらない緩さ・・・・

餌が売っているので、是非コレは買っておくとよい。

 

見よ、この放し飼いで良いのか疑問が沸く程の大きさの鳥を!

f:id:narippa:20190119101045j:plain

これ、泣き出す子供沢山いるだろうな。

鳥好きだけど、ちょっと想像以上の大きさで母すら引く・・・

注意書きで、鳥より背丈の小さいお子様はご注意ください、との事。

90cm程の子は鳥より小さいので、距離を保つ様にさせる。

f:id:narippa:20190119101939j:plain

白いぽつぽつ、全部鳥。

コウノトリやら、フラミンゴ。兎に角、結構大きい個体がウロウロ。

f:id:narippa:20190119102120j:plain

ハーメルンの笛吹き状態。鳥が子をストーキング。

餌を持っているのを分かっている。賢いなぁ~

f:id:narippa:20190119102213j:plain

先方より攻めまりくる、更に大きな鳥。(たぶん、コウノトリ?)

余りの大きさに子が固まる。

f:id:narippa:20190119103104j:plain

巣作りの為の素材探し中ぽかったけど、あんな大きな木を咥えて

うろうろする鳥・・・怖いw

 

アフリカエリアだかを抜け、何とかエリア。疲労で記憶が曖昧・・・

きったないドブみたいなスケルトン川トンネルを歩く。

アマゾンの川だったけかな?兎に角、濁って何も見えない。

そして、鳥。

f:id:narippa:20190119104026j:plain

f:id:narippa:20190119104105j:plain

主人が顔抜き写真が大好きで、子が産まれて以降は仲間が増えて嬉しそう。

f:id:narippa:20190119104442j:plain

 

鳥エリアを抜けるとオープンスペースで草原のようだった。

そして、課金施設。おさわり牧場!

普段ならスルーするが、子の大好きなカメに乗れるらしーので課金。

大人300円。3歳以下だっけかな、子は無料だった。

f:id:narippa:20190119105122j:plain

ゾウガメに乗る子。コレはなかなかさせてあげる事のできない経験なので良かった。

犬、うさぎ、カピバラ、豚、やぎ、アルパカ、モルモットが触れるのかな?

餌をあげる場合は別途購入要。鳥用の餌をあげてはダメらしー。

※内容は同じぽかったけどね。

f:id:narippa:20190119110121j:plain

f:id:narippa:20190119105130j:plain

いろんなモルモットをお触りしたいのでチェンジを何回もする子。

f:id:narippa:20190119110311j:plain

f:id:narippa:20190119110437j:plain

なかなか有意義な300円で、もっと滞在したかったが汽車の時間が迫る。

オセアニアエリア(また鳥w孔雀とかエミューとか)を足早に移動。

ちなみに孔雀も放し飼い。けど警戒心が強いの寄ってこない。

f:id:narippa:20190119110719j:plain

 

出口にある、電気機関車の最終便に乗り込む。

f:id:narippa:20190119105138j:plain

そして子が盛大にウンコをしだし悪臭・・・・

今から降りてお尻拭く時間はないが、このままというワケにもいかぬ量ぽい。

確認するとドライ感の無い、ウェット感・・・漏れるな、こりゃ。

同じ車両に人がいなかったので、手早くオムツを変える。

臭かった。

 

f:id:narippa:20190119111107j:plain

園内をグルっと一周。乗り物好きの子は大喜びしていた。

汽車を降りると閉園の時間。

f:id:narippa:20190119105145j:plain

パイナップルパークあたりから、ずっと頭のなかでEye Of The Tigar が流れ

この一日を乗り切って、やりきるんだ!と妙な精神状態だった。

気分は赤坂二丁目マラソンだ。(ロッキーほど大変な事はしてないので)

 

一時間ちょっと那覇へ帰還。

疲れ切っていても腹は減るので、A&Wの総本山へ。

www.awok.co.jp

f:id:narippa:20190119112011j:plain

建物~!!ダイナーだ、ロードサイドのダイナーだ。

車からオーダーできるんかな、よーシステムわからんけど店内にて食事。

f:id:narippa:20190119112220j:plain

主人はルートビアにホクホク。母はあの飲み物の美味さが今だ理解できない。

ぐびぐび飲むので子も欲しがる悪循環。

あーーーソーダなんか飲ませたくないのにぃ~

五月蠅さに立ち向かう気力がなく、今日だけだよと飲ませる。

どーせ口に合わないから、べーってなるどると思っていたら違った。

くそ、主人と同じ趣向かよ。

The A&Wバーガーとオレンジチキンサンド。

チリフライにフレンチフライを付け、子はキッズメニュー。

美味しい・・ごっついクリームチーズが何か美味しい。

オレンジチキンと言ってるが、マーマーレ―ドが入ってるだけ。

けどなんか美味しい。

フライはカーリーより、ストートフライが何か異常に美味い。

マッシュポテト揚げたヤツだ。懐かしいわー

 

デザートのアイスまで食べて、さー帰るかーという時に子が泣き出す。

そして、げろ~・・・・・と吐く。

馬鹿主人がソーダを飲ませ過ぎで胃のキャパを超え吐いたのだ。

子は水分を取り過ぎかつ、良く食べた時は吐くのだ・・・

ほんとうにすみません、お店の人。我々夫婦は判断が甘い。

 

誤り倒し、掃除し、ホテルに戻る。

家族全員で風呂に入り就寝の準備。

f:id:narippa:20190119113259j:plain

風呂上りにお茶を飲みご満悦の様子。

 

疲れたが、やりきった。母はやりきった。

そして馬鹿主人はコーヒーを買いに国際通りへ。

コーヒーと言っていたのに、何故かバーガーキングの袋もあった。

マジで狂ってる。

 

泥の様に疲れたので早めに就寝。

翌日は母の本丸イベント、やちむんの里へ向かう!

 

 

 

 

子連れ沖縄旅行③

 

沖縄2日目、この旅行の本丸でもある美ら海水族館へ向かう。

churaumi.okinawa

関係ないけど、JR九州ホテル ブラッサム那覇のベッド硬すぎ!!
シモンズ使ってるとか言ってたけど、こんな硬い??
自宅で使用してる物より当然で硬いし、
他所のホテルでもあんな硬いシモンズで寝た事が無い!
オマケに枕まで硬いというカチカチ地獄。
寝具担当者が硬いの好きなんでしょうね・・・
ちなみに朝食美味しいです。沖縄食材もあるし、イカ焼売もある。
あとパイナップルが超絶美味しかったので毎朝主人と爆食べ。
子がずーーーーと毎朝落ち着かなかったので写真撮れず。
ただ、毎朝めっちゃモリモリ食べました。

 

那覇から名護まで2時間のドライブ。
主人は車で仕事をしているわ、子は寝出すは孤独な運転。
おそらく沖縄の局で米兵向けなんかな?よーわからんラジオを流す。
どんな選曲なんだwというアメリカンポップスが時代を縦横無尽に交差。
道は広いし、もうなんかカルフォルニア運転気分ですわ。

f:id:narippa:20190117121845j:plain

f:id:narippa:20190117121505j:plain
わりかしあっという間に美ら海到着。
ちなみに、昼過ぎからは鬼混雑必死なので開館から昼前撤収がお薦め。
11時にイルカショーもあるので、それを見て我が家は撤収した。

 

f:id:narippa:20190117121945j:plain

f:id:narippa:20190117122628j:plain

f:id:narippa:20190117122025j:plain f:id:narippa:20190117122043j:plain

f:id:narippa:20190117122459j:plain

f:id:narippa:20190117122532j:plain

初水族館だったので子大興奮。魚に魅了されまくり。
目玉のジンベイザメやらマンタはあんまりのご様子だった。
チンアナゴや沖縄のカラフルな魚の水槽から全然動かなった。
入口近くの触れる水族館は大泣き。
ま・・・ね・・・、ナマコって気持ち悪い見た目だもんね。
けど母と父は大喜びで触ったぞ。

 

f:id:narippa:20190117122730j:plain

あれだけ「イルカ見るの!」と旅行前から騒いでいたくせに
いざイルカショーになると、まさかのご機嫌斜め!
えーーーーーーーー!そりゃ無いわーーーーー。
オヤツ!と腹減り要求。朝ごはん食べないからだよ!

オマケに亀見る!とイルカより亀をご所望。
子供ってほんと気分屋だわぁ~

 

f:id:narippa:20190117122820j:plain

なんとかお菓子と気を宥めイルカショーを鑑賞。
ちっさいクジラが賢かったし可愛かった曖昧な記憶しかないw
なんせ子がご機嫌斜め。

 

亀!カメ!と五月蠅いのでカメ館へ。
まさかの内装改装中~

仕方がの無いので子を何とか誤魔化してジュゴン館へ。
ジュゴン!可愛い!あと、カメいた!

 f:id:narippa:20190117122906j:plain

f:id:narippa:20190117122944j:plain

 

少し海岸に降りれるので海岸で石投げ。
夏に来て海遊びも良いなと思うが、沖縄暑いからなぁ~

f:id:narippa:20190117123020j:plain

f:id:narippa:20190117123048j:plain

 


一回りしたので美ら海水族館終了。そして、沖縄そばのきしもと食堂へ。

tabelog.com

f:id:narippa:20190117123118j:plain

案の定、めっちゃ並んでますわ。
けど、前日は店が開いてもいなかったので執念で並ぶ。
子を肩車したり、猫を見に行ったりで30分程で着席。

 

f:id:narippa:20190117123203j:plain

念願の沖縄そばとジューシー。
美味しいけど、唸る程に美味しい~!!って程では無い。
ジューシーの方が美味しいな。子がバクバク食べていた。

 

とりあえず目的を果たして、まったりムードだがコレで終われない。
何故なら水族館と選べる2施設みたいなお得チケットを買っていたので
何らかしらの施設をあと2つは行かないと無駄になる。
ソバ屋で並んでるいる時に、でまかせでパイナップルバスに乗ろう!と言ってしまい
子は終始パイナップルバス。パイナップルバスに乗る!と呪文の様に止まらない。
もはや行かない訳にはいかない。行かなかったら大変な事になる・・・

 

ナゴパイナップルパーク

www.nagopine.com

f:id:narippa:20190117123238j:plain

冬だからなのかパイナップルなってないww

f:id:narippa:20190117123339j:plain

駐車場からパークまでの送迎トロリーパイナップルバスに子が憑りつかれる。
合計2.5往復乗るハメとなった。パイナップルバスの魅力たるや。

f:id:narippa:20190117123415j:plain

パーク内もゴルフカートの様な物に乗り温室内みたいなのを鑑賞する。
ここも冬だからなのか何もなってない!!!
800円もする入場料・・・
セットチケットじゃ無かったら母キレるわぁ~という糞みたいなパークだった。

f:id:narippa:20190117123446j:plain

 

  カートを降りてから出口まで延々と土産を味見&営業をかけられる強制感たるや。

f:id:narippa:20190117123610j:plain

あーーータイとかで送迎付きにすると空港からホテルの間に連れて行かれる
何とも言えない土産物施設の荒廃感を思い出す。
分からないと思って悪口言いまくりの店員がいるさ・・・・

 

パイナップルジュース(パイン缶の汁だね、完全に)
パイナップルワイン(パイン缶の汁にアルコールを足した味?)
ぱっさぱさのパイナップルカステラ(物凄い歴史があるらしい)
パイナップルバターケーキ(カステラとの差異が分からず)
そして肝心の生のパイナップルは全然売っていない!
色々と味見させてくれたが買う気にならず・・・
なので、NAGO PINAPPLE PARKと描かれた靴下を子と妹子①&②に。
ダサくて良い感じだ。

 

f:id:narippa:20190117123601j:plain

バス模型すら離れがたしの子。

 

ちなみに、沖縄旅行で子のベストモーメントはパイナップルバス。
帰ってきてもパイナップルバスの事しか言わない。
我々両親も気がつけば、パイナップルパークのテーマソングを口ずさんでいる。
恐るべき魔力を持つ施設だ。

 

とりあえず、この時点で披露困憊。
だが帰らないぞ!ネオパークに移動だ!

 

子連れ沖縄旅行②

 

アーケードを抜け、やちむん通りへ。

f:id:narippa:20190110153149j:plain

石畳、歩きにくい&ストローラーがごいんごいんして子が騒ぐ・・・
ゆっくり見れるような状態では無くなり、早々に終了~
なんとか友人への土産の箸置き(やんばるくいな)は購入。
※後にどーしても自分も欲しくなり、二日後に1人でやちむんリベンジ。

 

仕方が無いのでアーケ―ド方面に戻ると路地裏に有名店ポークたまごおにぎりを発見。

f:id:narippa:20190110153559j:plain

porktamago.com

コンビニであれだけ美味しいのだから有名店どんだけ美味しいんだ!と列に並ぶ。
もちろん子は並んでいられないので主人と猫探索。
※沖縄めっちゃ猫王国。猫好きにはたまらんが、嫌いな人は地獄だな。

f:id:narippa:20190110153238j:plain

兎に角遅い!!オペレーション見直すとかしないの~!!
見ててイライラする程に段取り悪し。故に待ち時間も長い。
これが噂に聞く、うちなータイムってヤツか?
せっかちな自分には耐えれないし、彼らと働くのは無理だなと思った。
あんなに有名店で客がひっきり無しに来るのに、何故なんだよw
へちま天ぷらと油みそ&ポークたまご
ゴーヤ天ぷら&ポークたまごを購入。
夕食近いのに、へちま天ぷらを家族で食べてみる。

f:id:narippa:20190110153639j:plain

うん!ファミマ圧勝!
けど、へちまが韓国かぼちゃみたいで美味しいなぁーとは思った。
(ゴーヤは夜食で食べたが、冷めていたのもあるがファミマのが美味い)
あんな30分以上も並ぶなら、ファミマで速攻で買った方が良いな・・・

 

国際通りをブラブラしてから、車に乗り込み予約していたレストランへ。

サムズアンカーイン宜野湾店

www.sams-okinawa.jp

f:id:narippa:20190110153704j:plain

f:id:narippa:20190110174821j:plain

あがる!外観から既に上がる!なに、このたたずみ!
(ちなみ昼間みるとタダの薄汚れた建物)
主人とも話していたのだが、沖縄全体が景気の悪いアメリカ地方感がある。
景気が悪いって事は70年-80年代感が残っている。刷新されていない。
ラスベガスのダウンタウン感!良い、すごい良い~
主人は地元の荒廃感を思い出し、少し嫌な顔してたけどな。

f:id:narippa:20190110153811j:plain

f:id:narippa:20190110154009j:plain

この浮かれ容器のジュースやらカクテルが名物のようだ。いらん!

f:id:narippa:20190110170205j:plain

f:id:narippa:20190110154015j:plain

中に入ると、もはや本国アメリカでも最近なかなか見かけない内装。
そうそう、こういう暗い照明よ。ディナー来た!って気になる。

 

f:id:narippa:20190110171251j:plain

f:id:narippa:20190110154102j:plain

食事は、特別美味しい!てワケじゃないけど、経験として大変満足。
チリっぽいスープと、日本じゃなかなか無いブルーチーズのドレッシングサラダ。
アメリカのファミレス感あって、懐かしいね!と主人とホクホク。
2歳児と鉄板焼き、結構リスク高いけど、夫婦で目を見張り子もケガなし。
シェフの胡椒捌きに歓声上げてたし、良い刺激になったでしょう。

 

そして、その後は牧港のブルーシールアイスクリームに。

www.blueseal.co.jp

 

f:id:narippa:20190110174913j:plain

もはや私の建物探訪の欲望の為としか言えない。

通りからの店舗の佇み!大変すばらしいのだけど、写真で伝わらない。

f:id:narippa:20190110175131j:plain

f:id:narippa:20190110175146j:plain

f:id:narippa:20190110175207j:plain

ブルーシールアイスは美味しくない!予想してたけどマズイw
けど、子も楽しそうだったし良い。

f:id:narippa:20190110175615j:plain

文句を言いながらも完食。紅芋味の味の無さたるや・・・・甘いだけ。

 

余談だけど、沖縄のパチンコ屋のエンターテーメント感。
もはやラスベガス!

f:id:narippa:20190110171905j:plain

f:id:narippa:20190110171913j:plain

f:id:narippa:20190110171922j:plain

これは米兵に向けてのデザインなのかな?
少なくとも自分の住むエリアでは見かけないデザイン性。
自分が子供の頃に見かけたパチンコ屋って、こういうデザインだった気がする。
誰か沖縄のパチンコ屋の写真集出してくれんかな。
派手なのに漂う哀愁感とか、たまらんわぁ~


ホテルに戻り家族でお風呂に入って就寝。
ま、主人は夜食だ!とバーガーキングに買い出ししに行ったが。
バーキンこの辺だと街にしか無い物ね。すまんな、主人!

 

子連れ沖縄旅行①

 

一体、何時になったら子との旅行が疲労困憊&24時間白目じゃ無くなるんだろう・・・
今回もやっぱりで辛かった。けど、母頑張った!!
2019年は沖縄旅行でスタート。

 

出だしから躓いた旅だった。
駐車場の予約を余裕ぶっこいていたら全て満車という非常事態。
近隣の駅駐車場に停めて行こうかと思ったが、妹宅が比較的空港近くなので
妹宅に停め送ってもらう事にした。正月の2日から済まぬ。

 

正月は混むというネット情報を真に受け2時間前にカウンターに向かう。
めちゃ空いている・・・半LCCスカイマークは混まないようだ。
JALやらANAのカウンターが地獄のようだった。

 

国内線で入れるラウンジカードが無い為、久しぶりにフードコートで朝食をとる。
すでにこの時点から子の食べない病が発症し雲行き不安・・・・
(以降、旅行中小食の極み!)
年末に妹宅合宿で妹子達に触発されモリモリ食べてたらしーが、逆行してしまう。

 

f:id:narippa:20190108153202j:plain

f:id:narippa:20190108153217j:plain

 

急激に飛行機への関心が高まった子は飛行機に乗りたくウズウズが止まらない。
搭乗が開始しないウチから、「ひこーきのる!」を連呼。
気持を抑えられず別の搭乗口の乗り込もうとする始末。
スデに母、不安!!休みになると我儘が急加速。親に甘える事に全力投球。
何時もなら優先搭乗などしないが、子が待ちきれないので搭乗。
機内は大人しくフライトを楽しみ、その後に昼寝。朝早かったしな。
ベトナムの時の悪夢のような離陸は免れた。
母に抱かれてグーグー寝ていた。

 

沖縄到着。暑い!!!予想以上に暑い。南国過ぎだ。
予約していたレンタカーのシャトルバスエリアに移動。
ひぃーーーー凄い行列。

 

ルフト・トラベルレンタカー

luft-travelrentacar.com

空港からレンタカー屋に移動し、手続きが済むまでに2時間近くかかる。
お正月という繁忙期故になんだろうけど、もの凄い人だった。
大きなレンタカー屋なのでシステマチックに手続きが進むが時間はカナリかかる。
なんなら空港からシャトル乗るまでにも30分以上かかる。
WEBチェックイン等を済ませておくと、レンタカー屋についてからの1時間弱がセーブ出来るので良いかも。
兎に角、道が混んでるし人も多いで予想外のタイムロス!腹が減って仕方がなし。

 

お腹が減って仕方が無いので目星を付けていた沖縄そば屋へ。
しかし、甘かった。正月休みだ!
誰だ、沖縄は旧正月進行だから2日以降は店が開いてるとか言ったやつ!
二件ほど行ってみたが腹の限界&これ以上遅くなると予約した夕食に響くので断念。
不本意過ぎるがコンビニで食料を調達し車内で食べる事に。

 

ポーク玉子チキナー

www.okinawa-familymart.jp

ポーク玉子油みそ

www.okinawa-familymart.jp

めちゃめちゃ美味しい!!子も爆食べ。(今回の旅で一番食べた)
これ本島でも売って欲しい。特に油みそverがコクがあって美味しかった。
とにかく気に入ったので帰る日に6個ほど購入して帰り、妹への土産にした。
また食べたい、じゅるじゅる。

 

余談だが、沖縄運転しにく過ぎ~
大きな通りはアメリカ仕様で広くて車線も多いが、
それ以外の道の入り組みようと狭さたるや。
Google Mapのいらんお世話ショートカットによって泣きを見ること数回。
傾斜地なので更に運転しずらい。
車載ナビは沖縄の開発についていけてない模様。
これ、普段運転しない人が運転したら地獄だな・・・という感想。
小さい車借りて良かった。

 

JR九州ホテル ブラッサム那覇

www.jrk-hotels.co.jp
何とか腹を満たし、ホテルへチェックイン。
国際通りのど真ん中だった。けど、夜は静か。
ホテルの駐車場に停めると出し入れ自由で24時間1500円。
周りの駐車場に比べると割高だか、出し入れ自由だったので利用した。

 

6時半の夕食の予約まで時間があるので、やちむん通りへGO GO!!!

f:id:narippa:20190108153310j:plain


 

 

 

前倒しクリスマス

 

何故か誘ってもいないのに、妹一家(妹夫除く、仕事らしい)と共に

23日にクリスマスパーティーとなった。

日本独自に進化した、謎のクリスマスディナーを毎年エンジョイする

主人の今年のチョイスはピザハットのピザとチキン。

もはや、ただお前がピザ食べたいだけだろ!と思わずにいられないが

料理をしたくないので快諾。もう何でも良いよ・・・白目。

ケーキは近所の美味しいケーキ屋の雪だるまケーキ。

クリスマス狂の主人の情熱、毎年理解できない。そもそも彼は無宗教だ。

 

つつがなくピザとチキンを妹一家と食べ、翌日のプレゼントご開帳~

クリスマス当日である本日は保育園なのでプレゼントも前倒し。

何となくサンタさんを認識している程度なので、ゆるい設定継続。

来年以降は、もっと子とのコミュニケ―ションも向上するハズなので

本人からのリクエストに応えたプレゼントになるんだろうな。

 

プレゼント過多文化ご出身の主人の意向により今年も過多!

これ、ほんと何時までやんろだろう・・・・

 

①KAWAIの子供ピアノ

②BLACK&DECKERのジュニア工具セット

Curious Georgeの絵本(工具を使うジョージの話編)

④ギアパズル

⑤Carsのパズル

 

与え過ぎだと思うんだが、少ないプレゼントだと寂しい!と

何時になく引かないので静観している。

特別、クリスマスに思い入れがないので、好きにするが良い。

唯一、主人がお国文化を主張する事柄なので、仕方無し。

 

f:id:narippa:20181225164106j:plain

f:id:narippa:20181225164159j:plain

良い顔するわ~、逆光なのが無念。補正する時間を惜しんでしまった。

 

f:id:narippa:20181225164312j:plain

エルフのパジャマを着て神妙な顔つきで工具を使う子。

普通に男の子感性で感慨深い!このまま、真っすぐいっとくれぇ~

しっかし、障子がボロボロだ!

 

 

 

 

 

そういう訳ではない

 

会社の忘年会があった。

日本の会社は今働いてる会社でしか働いた事が無いので

比較できないのだが、たぶん変な忘年会だと思う。

 

基本誰も社長にお酌をしにいかない・・・・

別に社長がしてくれるな、手酌で飲みたい!というワケではない。

ただ、皆、社長と仕事でもないのに話すなんて面倒だぜぇ~という

社会人としてどーかと思う感性で社長周辺に寄りつかない。

社長は結構寂しそうにしている。社長だって皆と楽しくやりたいのだ。

ただ、忠誠心の薄い連中しかいないので、気を回す人がほぼ皆無。

席も毎年決まっていないので、遅くにくると社長周辺になって面倒だぁ~と

熾烈な後方席争いまで行われる。どんだけ嫌がってんだ。

別に社長は嫌な人ではない。むしろ良い人だ。仕事だと頭イカれた事を言うけど。

仕事で関わりなど無い下っ端の自分など、気の良いオジサンの印象しかない。

ただ、やっぱ面倒なので近寄らない。自分を含め全員が大人として足りてない。

皆、好きなよーに飲んで食べたいのだ。

上司も先輩も皆、ホラ!社長と話す機会なんてないんだから行って来い!

みたいな事を一切言わない。

 

今年は、謎のアルバイトおじさんが社長にガンガン絡んで社長も楽しそうだった。

おじさんにはオジサン。毒を持って毒を制す。うん、皆ハッピー。

 

お姉さま方から色々な会社の裏事情なども聞け、とっても満足。

ゲスい話は酒を美味くする。

やっぱ会社はババアが仕切ってるなぁ~と、再確認。

ババア①から、どーしてアナタはそんなにサバサバしてるの?と聞かれ

「誰にも興味がないから。どーでも良いもーん」と超絶本音が出てしまい、

あ、ダメだ!これはババアから印象悪くなる、ババアは味方にせねば!と

「言い方違うな、アリのままで良いのでーす☆彡」とフローズンを歌っておいた。

 

社長を放置しても、裏で牛耳ってるババアを蔑ろにしてはいけない。

ババアの力は絶大なり。

 

 

 

 

 

 

"たきえ"でいたい。

 

森下裕美の、ここだけのふたり!が好きなのだが

www.amazon.co.jp

主人公の団地奥さん仲間に”たきえ”という登場人物がいる。

そして、主人公の古い友人に多々尾君というヤツがいる。

詳細は省くが、両者自分の興味のある事に忠実で貪欲なキャラ付けをされている。

 

子を産んでから、ふと自分を思い返す時にに上記の2人を思いだす。

たきえは子供を産んでもずっと己を見失わず、ずっとたきえなのだ。

多々尾君は子供が生まれて以降、独身時代にのたまわっていた

宇宙人に攫われた話や怪奇現象の話よりも、我が子のビデオ鑑賞強要を

主人公にさせ、おまえ大丈夫なのか?と逆に心配されるようになった。

 

ちゃんと、たきえでいれているのか心配になる。

別に多々尾君が悪いとかでは無いが、自分を見失いたくない。

子の母になっても、新装開店をする必要はない。

自分、主人の配偶者、子の母となって色々と肩書が増えたが

根幹の自分が消失しつつないか、何故か心配になる。

理由として、自分だけの為に使っていた時間が、ほぼ皆無故。

当然といえば当然だし、傍から見たら充分に独身気分は抜けていない。

ただ、それでも何とも言えない自己消失への恐怖感がある。

 

整理の付かない感情なのだけど、はっきり言えるのは

ちゃんと、たきえでいる!って事だ。