読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

ヤツに出たか・・・・

 

ぐったり週末だった・・・・

妹子①の暴れっぷりにより、疲労困憊。

子は何でもないことで、ひぃ~ひぃ~と泣くモンスターなのだが

妹子①を前にすると、我が子って扱い易いなと思わずにはいられない。

 

ソロソロ冬物の衣服を母にたかる季節となったので

母を拉致に近い形で確保し買い物に行ったのだが

とにかく妹子①に大人4人がかりで目を向けていないと

何かが起こる感がバシバシするのだ。

店のモノを壊す、ほかの赤子を泣かす、妹子①自身の安否等

己が足で気の赴くままに行動出来ぬと嵐の癇癪。

地べたに寝転がり癇癪を起す体勢が完全に板についている。

「おぉっぉぉ、これは正に真性の面倒臭い赤子・・・」と

感心せずにはいられない位に手のかかる仕様にグイグイ成長中。

子と妹子②の存在が霞む妹子①の独壇場である。

服なんて選んでる場合じゃないが、

母にたかれるチャンスを逃したくないので

主人に妹子①を任せ短時間にて越冬服を複数確保。

帰って確認したらボーダー過多だった・・・

 

妹子①の暴れっぷりを観察&世話していた主人は

「彼女は、君のママと従姉に似ている・・・」とポツリ。

妹の結婚式で一度しか会った事のない従姉を出すとは・・・

わかってるな、主人。

母と従姉は親子で無いのがミステリーな程に性格が似ている。

セルフセンターさん。自分の事しか考えないモンスター達だ。

我々姉妹を超え、妹子①に母の因子が出たようだ。

 

女の子が産みたい!女のこぉ~と言っていたが、

妹子①を見ていると心が折れる

「あんた、こんな無茶な赤子の面倒みれる?」と

げっそり顔の妹に聞かれ、

「無理だね。自分勝手は自分だけで充分」と言ってしまった。

妹、すまぬ。姉は正直なのだ。

 

ちょっとしばらく妹と会うのは控えよう。

赤子と外出すると疲労が倍増だが、妹子①がいると

世話をしていなくても疲労の増幅が手に負えない。

はぁーありゃ大変だ。妹、応援してる。遠隔で・・・