生活をする

日々の記録

食べむら・・・

 

子の食べむらが継続している。

何時まで続くんだ!!

早く、もう食べるな!とか言ってみたい。

ずっとこのまま小食だったら母ちゃんつまんねぇ~

 

気分が乗っている時は完食するが、基本しない。

ただ食べるタームの時は、完食してからのバナナ2本。

それでも収まらず、ヨーグルトやらレーズンやらを食べている。

月に1~2回あるかの、フィーバータイム。

 

子供のデフォ事情なんだろうけど、まー野菜を食べない。

生野菜など絶対に食べない。

糖度が高い!という、お高めトマトもプイっとされる。いらいら・・・

柔らかく煮た人参・大根は好んで食べる。白菜も好きだな。

緑の野菜は単体で出したら、手も付けないので苦労が絶えぬ。

ブロッコリー・いんげん・カリフラワー・パプリカ・アスパラガスなど

その時に冷蔵庫にある野菜を炒めてから刻み倒し、

そこから野菜グラタンにしたり、ひき肉と炒めケチャップ&チーズそぼろ。

今は、ケチャップ&チーズそぼろ野菜なら完食するので毎食レギュラー。

ほうれん草は基本刻んで何でも入れる。

手製のゴマ油炒めちりめんじゃ&ゴマふりかけは良く食べるので

ほうれん草を刻み再度炒め、ご飯にかけたり、おにぎりにしたり。

卵も固いと食べないので、牛乳をいれフワフワ仕様。

基本、チーズとケチャップ味なら食べるので、冒険はしない。

新しい味は保育園or外食で知っとくれ。作って残されるストレス!

想像以上にイライラする。働いて食事作って拒否は、親子関係に軋轢を生む。

 

主人が、とにかく牛肉!!!牛肉で体を作れぇ~!!と

なんかよーわからん牛肉信仰を押し付けてくるが、子が余り肉を食べない。

とにかく食べる物を作り続けるモノグサ作戦で、

切り落としの牛肉と玉ねぎ&人参で、牛丼の具が作り置きしている。

固い肉は食わぬ!と言わんばかりに、吐き出されるので誰よりも良い肉を

子の為だけに用意する日々。こちらも牛肉は胃に残るので普段は食べないので

問題ないが、なんか本当に子を甘やかしているな・・・・と、自嘲の気持ちになる。

鶏肉・豚肉も余り好きではないな・・・私の調理の仕方が悪いのか?

とりあえず牛丼の具は食べるので、on the ライスにチャーハン。

はてはピザの具にしたりお好み焼きの具にしたり、具で乗り切る日々。

白菜を加え、すき煮焼きうどんのように卵と炒ってやると鬼食べ。

子供は甘辛い分かりやすい味が好きだな・・・

 

魚は苦手なようだが、ちりめんが好きになって以降食べるようになってきた。

最近は、仕事帰りのスーパーで見切りになってるまぐろの刺身等を買い

そいつらを手製のツナサラダにして食べさせている。見切りでスマンな、子。

時間的にも母は仕事帰りしか行けないのだ・・・・あと、安いし。

オリーブオイルでソテーし、細かく刻んでマヨネーズと混ぜる。

サンドイッチや、ピザの具材にすると良く食べる。

 

汁物を好んで食べるので、豚汁やけんちん汁なども作り置き。

クタクタになった野菜は食べるので好都合な所もある。

ただ・・・お汁だけ飲んで具を食べない案件も多発。

なかなか一筋縄にはいかない、子の食べ事情。

 

 

癇癪もより過激になり(気に入らないとスプーン等を投げる)

基本的に食事関連でイヤイヤ!が多い子。

はぁーーー、早く「もう食べるな!」と言いたい。

 

 

 

 

毎月のお届け

 

絵本は定期購読でプロに選んでもらう仕様とした。

www.crayonhouse.co.jp

ものぐさなのもあるのだが、自分が選ぶと自分の好みで選んでしまい

なんか子にバイアスかかって良くないな・・・という判断でもある。

www.ehonnavi.net

独身の頃に、絵本など興味ないが、宇野 亜喜良だ!という理由で

ジャケ買いした絵本。そんなもん子は全然喜ばぬ。

宇野 亜喜良に谷川 俊太郎・・・個人的には、最高の組み合わせ。

 

同じ谷川俊太郎でもプロが選んだ0歳児用。

www.ehonnavi.net何回読んだことか。

もこ、もこもこもこ!の時に子を突くと子が大喜び。

 

クレヨンクラブの絵本担当者の好みなのか谷川俊太郎過多。

ま、良いんですけどね。詩人の感性に子よ染まれ!

 

クレヨンクラブは契約していると、年度変わりに対象年齢が自動で上がる。

うーん、ものぐさ親には大変助かる。更に、英語の絵本購読もある。

今後は英語の本も購読しようかと思案中。

今のところ、Costcoで見かけた絵本なので、内容のある物に変えたい親心。

 

www.ehonnavi.net

1歳過ぎまで一番のお気に入りだった。

夏が過ぎてから一気に飽きる。

もう見なくても空で言える程に読んだ。

 

www.ehonnavi.net

この絵本も夏までのブーム。

カタツムリの時に悲しい声を出してやると大喜び。

 

www.ehonnavi.net

ぎゅっ!の時にハグをすると大喜び。

ふふ、赤子よりの時はより単純だったな。

 

www.ehonnavi.net

フィナーレの捕まえたで子も大喜び。

やはりギュっとハグするアクション大事。

 

www.ehonnavi.net

ばいばいと、じゃぁじゃぁびりびりはスルーだが

みんなでねは大好き。好みがあるようです。

動物が好きなのかもしれない。色々動物でて欲しい願望?

 

www.ehonnavi.net

夏以降の一番のお気に入り。これも暗記済。

ゴリラでゴリラ風に読むと大喜び。(なんだゴリラ風って)

各種動物のイメージボイスで読んでやるサービスを展開。

動物いっぱいだから大喜びです。

 

www.ehonnavi.net

保育園で憶えたのか、絵本の中のホットケーキをつまんでパクリ。

なんて可愛いんだ!!!と初見時に両親発狂。

子は優しいので、両親にもホットケーキを口に入れてくれる。

パクリが見たくて我々両親が進んで読む絵本No.1!

 

www.ehonnavi.net

何が楽しいのかやたら喜ぶ。

本中の動物の鳴き声等の所をリアル再現してやるせいかもしれない。

まー楽しいなら何より。

 

全く興味を示さない絵本も多々あるが、半分くらいの確立でお好きなよう。

以前より絵本を読んでほしいのが増えたので母は嬉しい。

死ぬまで何時も側にいてくれる大事な友人の一つが本となって欲しい母の願い。

 

 

 

子の語彙

 

やはり保育園に通うと爆発的に言葉が増える。

今の保育園は三歳以下までなので、

同じ年ごろの赤子達がワラワラしているのだが、

それでも一ヶ月前に比べると増量感がある。

 

子の最初の言葉は「やだーーーーー!」だった。

先行き不安なスタートだったのを憶えている。

たまたま出た言葉だったのかもしれないが

ママよりも、何よりも先に「やだーーーー」

絶対にコイツ扱いにくい奴になる・・・

と、軽い絶望感を夫婦で噛みしめた。

 

バイバイは手振りと共に開始し、

四足歩行は全てワンワ。下手したら椅子までワンワ。

 

www.ehonnavi.net

でんぐりでんぐりのお陰で、猫(にゃーにゃor飼い猫のトラさん)の

概念が出だし不明瞭なナーナ(ニャーニャ)と、ナナさん(トラさん)が

最近で始めた。気が狂う程に読まされたかいがある。

 

寝る前に、ダディにNighty Nightyしてというと、

無駄に低い声でナイナイと言いキスをしてベッドルームに行く。

子は、いないないばぁ aka HNKもナイナイと言うのだが、

彼の中で一応はいないないばぁとNighty Nightyの使い分けがあり

いないないばぁは元気目でナイナイ、Nighty Nightyは低いウィスパーボイス。

ようわからんが彼なりに拘りの使い分けがある。

 

マンマ(ごはん&おやつ)もほかの子同様に1歳過ぎには概念が付き、

最近はお腹が空くとマンマを連呼し、自分の椅子を引っ張てくる。

もちろん最高潮時は絶叫で「マンマ~~~~~~!!!」

ライブフィナーレのTOSHI aka X JAPANぐらい反り返っている。

そして気に入った食事の時は「んまぁ~!!!」と賛辞をくれる。

良い事だ。食の細い子も調子の良い時はモリモリ食べて「んまぁ~」を連呼。

母は嬉しい。

 

何か発見事があると、「あ!ほにゃらほにゃら(子オリジナル語)」で

独り言が多い。あ!!!あ!!!あ!!!と発見が止まらぬ様子だ。

 

そして子、主人をダダ(Daddy)と呼ぶのだが、何故か私の事もダダと呼ぶ。

一切合切、ママもマミーも無い!

どういうことだ!!

マンマは言ってもママは言わぬ拘り。母は困惑しかできぬ。

 

表立って常用している言葉はカナリ少ない上に日本語中心。

主人に英語の絵本を持っていき、私には日本語の絵本を持ってくるので

子の中で両親の言葉が違うという認識はある様子。

なんせ私が英語の絵本を開こうもんなら、もぎとり投げ捨てる。

お前の英語なんぞ聞くに値せぬわ!と言っているように秒速投げ捨て。

子が混乱せぬよう母=日本語、父=英語で徹底しているが

このままでは英語がヤバいような気もするが、私の発音で汚染もしたくない。

もう少し様子をみようと思うが、家庭内では英語しばりにした方が

子の英語教育には良いのかもしれない。

なんせこのままじゃ、主人と子のディスコン決定過ぎる。

 

 

 

 

甘やかしではない!そうだ

 

ホリデーシーズン突入。

異常なまでにクリスマスを愛する主人によって

我が家にニトリ製のクリスマスツリーがハロウィン後から

リビングに鎮座している。マジで嫌だ・・・

一番大きいサイズを買おうとする主人に

「お前、まじで正気か?そんなもん家庭用じゃねーYO!」と

説得し、小さいサイズで我慢してもらったが存在感が凄い。

仕事から帰るとキラキラ光るLEDツリーの飾り。

まだ11月頭なのに年末まで毎夜続くのか・・・と思ったら

絶望的な気持ちになり、LED灯火を禁止。

クリマス1週間前になったら解禁の運びとなった。

 

既に子へのプレゼント審査が開始されている。

というか、スデに夏の時点からプレゼントが買ってあるのだ。

アメリカ式クリスマスにより、プレゼントは溢れんばかりに

ツリーの下に置かれなければならない。

あの高揚感を子に味あわせてやらないなんて!鬼母か!!!と、

もう何がなんやら分からぬ説得が主人からされ、

クリスマスの概念など一切ないのに昨年から慣行されている。

 

甘やかし・・・甘やかしが過ぎる・・・

しかし主人曰く、甘やかしではない。カルチャーだ!との事。

確かに、安売りしていたデュプロを数点アメリカで購入し

既におもちゃ過多なのでクリスマスまで寝かす事になった。

何時まで寝かすんだ?と聞いたら、クリスマス!と即答。

直ぐにおもちゃを与えず、しかるべき時に与えるから

甘やかしではないという理論。限度という言葉を知らないようだ。

年齢に見合った運動玩具、ストライダーも投入予定(既に購入済)

加えて、いそいそ主人は更に子へのプレゼントを選んでいる。

クリスマスというスペシャルな日にプレゼントを沢山!!というのは

プレゼントは一つで育った日本人の私には甘やかしとかし思えぬ。

 

必死の形相でプレゼントたくさんクリスマスを子に!という主人に、

知るか馬鹿!とも言えず、ツリー下の大量プレゼントを受け入れている。

チキンやら(何故かソコは日本スタイルを取り入れる主人)ケーキの予約

独身の頃には考えられぬ程にクリスマスの準備をしなけれなならない。

 

物凄い気になるのが、主人・・・無宗教。むしろ否定的なスタンス。

なのになんでイエス様の誕生日を異常に祝うんだYO!

 

 

 

自立が際立つ

 

実母の雑な育児のお陰で我々姉妹は自立心が養われた。

自分で何とかしなきゃ、何ともならぬが身についている。

母はほんとに自分を制して子供に時間を費やす等の事が

出来ぬ人なので、幼少の頃から自分で何とかするが基本だった。

父は子育ては女の仕事と言わんばかりに基本ノータッチ。

ま・・・でも躾と称して私にとってはウザい事は連発してたな。

面倒な子育てはせぬが、意に添わぬ事をする子を叱り付けるby気分な。

 

遊んで貰った記憶も特に無く(それは父にしかり)

おもちゃも本もあんだから、自分達で遊びな、大人は忙しい!

と、当時はバキバキの専業主婦だった癖に一丁前な事をホザイく母。

休日にしろ、旅行にしろ、基本的に自分達の都合優先。

子供を主体に物事を考えるという発想が皆無の夫婦。

何故この人たちは子供なんか二人も持とうと思ったのか謎すぎるな・・・と

我が親ながら背筋が薄ら寒くなる程に子供への配慮が無い人々だった。

別に虐待されたワケでも冷遇されていたワケでもないが、

やはり世間の暖かな家庭と比べると、欠陥家族としか言えぬ形態。

若い時は、素敵な家族で育つ事が出来なかった自分など

まだ見ぬ子に素敵な家族経験を提供できない、自分は子を持つべきではない!と

糞面倒臭い事を考えていたが、中年に差し掛かり様々な感性が鈍くなって以降

子を持ってみたら、今まで自分の事優先だったのだから今は赤子の不条理に

付き合ってやろうじゃないか(白目)で何とか乗り切れている。

 

別に両親に恨みなど無いが、自分は丁寧な子育てをしようと

子を出来る限り手をかけてお世話をしている。

そして妹は母の育児論を上手に取り入れている。

母まで雑かつ放置ではないが、なかなかの自立を促すスタイル。

新生児の頃から無暗に抱っこもしないし、添い寝もしない。

確かに勝手に良く寝ていた、妹子①&②。

子は寝る時は未だに添い乳。ベッドルームで一人で寝かせていると

暫くして大泣きで起き出し、一人は嫌だぁ~的な感じになる。

食事にしろ妹子達は自分でモリモリ食事をする。

子は一時間程かけて、両親の我々が促し励まし、そして手助けをし2/3程しか食べぬ。

食事中にテレビを見せたくないが、ないと食べないので幼児番組を見せ

自分で食べたい時はフォークに食べ物を乗せスタンバイ、

そしてご自分でお食べになる。食べさせようとする怒るのだ。

そのうち口に運んでやらないと食べないので、せっせと食べさせる。

食後のフルーツ等も、皮可食であろうと嫌がるので葡萄を一つずつ向いてやる。

ある程度食べると、味は味わいたいが腹は一杯なので

ローマ貴族の用に味わって吐き出す蛮行・・・

「あんたは無職とサラリーマンの息子で、ローマ貴族じゃない!!」と、

さすがにローマンが始まったら泣こうが食べ物は取り上げる事にしている。

子は遊ぶ時に両親に見せつけるスタイルなので、一緒にいてやらないと

大変機嫌を損ねる。一人遊びしたいが見守りを要求するのだ。

その点、妹子達は勝手気ままに人の事などお構いなしに一人遊びを満喫。

見つめていなくても、ぎゃーぎゃー抗議はしない。

※妹子達は別の方向性でかなり五月蠅い。

妹子達の自立具合が既に際立つ。ほんと子は赤ちゃんのまんまだ。

 

うーーーん、なんか子の育て方を間違っている気がしてきた。

子のスポイル具合・・・良くない。

やはり子の為にも必要以上に手を掛けるもの問題だな。

愛されている実感を子に与えたいダケなのだが、過ぎるお世話は子をダメにする。

大人二人が子に仕える日々も、そろそろ方向転換せねば。

母とは違う方法で子に自立心を養わせる方法を見つけねば。

 

 

 

 

 

 

 

 

対人能力

 

妹が家にいるばっかりの主人を不憫に思い

こちらの方に来る時は、主人と子を表に連れて行ってくれる。

1~2時間の話ではない、少なくとも半日。もしくは夕方までのほぼ丸一日。

ちなみに、両者の共通言語は無い。

妹の英語力>>>>主人の日本語

両者、意思の疎通はほぼ不可能の言語力。

あんなに共通項のない外国人と、姉の夫とはいえ共に過ごせれる対人力。

ほんと妹は普通の感性しか持ち合わせてないマジョリティな人なのだが

この対人能力が異常に長けている。

 

普通に関心する。自分には一切ない素養。

彼女みたいなタイプは留学するとメキメキ語学力を伸ばすタイプだ。

誰とでもコミュニケーションをとり、時間を過ごす事が苦でないのだ。

パーティーなどに誘われれば、憶する事無く何処にでも顔が出せれるタイプ。

その場限りの付き合いでも、気持ちよく出来る人間性は留学に向いている。

自分など人好みが病的にピッキーなので、ぜんぜん伸びない伸びない。

日本人とツルみもしないが、外国人ともツルみもしない、孤独なタイプ。

ある程度時間が経てば共に時間を過ごす相手も出来たが、かなり限定的。

出来れば夜には一人で居たかったし、パーティーも出来れば行きたくなかった。

とはいえ行かざる負えない場合もあるので、行ってみるものの引きつる顔。

早く帰りたくって仕方が無かったな・・・

運転もある上、何があるかわからんから泥酔してテンション操作も出来ぬ。

なんだかんだ楽しかったが、辛い時間でもあったな。

二度したくない。あいにく主人が友人一人もいない奇人なので

主人関係で付き合いする必要が無いのが本当に助かる。

アメリカのあのカップル文化、マジで自分には苦痛過ぎた。

 

妹よ、ありがとう。君の対人能力に我々家族は救われています。

今後も主人をたのむぞ!彼はたぶん10年たっても今みたく役立たずだ!

 

 

マシーン投入

 

勤め先が企業合併で吸収された為、一度退社という扱いになり

退職金がでる事になった。

思っていたよりは出たが、この勤続年数でこの金額という事は

定年まで勤めあげるとこの金額か・・・と、

なんとも定年時のお楽しみをとられたような気持ちになった。

吸収合併した会社は元々の会社より規模の大きい会社なので

増額される事を願うばかり、そもそも定年まで働くか不明だしな。

 

支給時に社長から、

「この退職金はラッキーマネーじゃない!定年後の金が今出ただけだからな!

無駄使いすんなよ!!!貯金すんだぞ!無駄使いダメ!」と釘をさされたが、

とは言え何か欲しいじゃないか!

大部分を投資と貯金に回したが、端数的な金額で除湿器を買う事にした。

 

www.zojirushi.co.jp

外干しすれば良いのだが、雨の多い時期は部屋干しになる。

あと主人が外干しを嫌がる。プライバシーが・・・・とか何とか。

お前のそのヨレヨレの下着や洋服に誰が何を思うんだ・・・イライラ、ちっ・・・

洗濯係が積極的に外干しをしないので、部屋干しが多くなってしまう。

いくら吹き抜け天井のリビングに干しているとは言え、乾かない。

生乾き・・・・KU・SA・I!!!!!

 

ハイブリット型の物を買おうかと思ったが社長の

「ラッキーマネーじゃないYO!!!!」が頭にコダマする。

身の丈にあった洗濯除湿に特化した象印さんで手を打った。

 

さて使用感なのだが、サーキュレート ドライのお陰乾いてるのか

どうなのか謎・・・・

劇的に乾くもんじゃないけど生乾きの嫌な臭いは軽減というか、

ほぼ解消されたかな?という感じだ。

使い方が悪いのかな?3畳くらいの納戸のような所で干しているから

空気の対流が悪いのか?とにかくよーわからん・・・

除湿された水は蓄積はされている。そして電気代どーなんのか不安・・・

 

まさに無駄使いした感が否めないが、まー乾きの手助けになってるはず。

ガス乾燥機でカラカラ仕上げに慣れてる主人は不満げ。

つーか、日本でガス乾燥機とか普通じゃないから!

外干しで太陽でカラカラにしとくれ、文句があるなYO!

 

わりかしランドリー案件で争いが絶えない我が家なのだが

まだまだ終息する感じではない。