読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

ペットではないぞ

我が家はLILLBABYの抱っこ紐を使用している。

www.lillebaby.jp

おばさん母の私はあんな重い我が子を、

世間の母さん達のようにどこでも抱っこするのはゴメンである。

はなから拒否の方向である。

(どーしても子がグズって仕方が無い時は抱きます。)

そうなると必然的に主人が運搬係となるワケで、

そうなると通常のキャリアーでは蒸れて仕方がないのだ。

体温が東洋人と西洋人は確実に違う。

主人の平熱は37.0℃なのだ。

馬鹿なんじゃないか?とさえ思うが、仕方がない。

そういう体なのだ。

さて、ハーフの我が子。当然、体温が高い。

両者、高温。風の抜けるキャリアしか選択肢が残されていない。

ベビービョルンの選択肢もあったが、二万越え・・・

いや、二万以下の商品もあるが、

顔が外に向くタイプが欲しいのである。

 

f:id:narippa:20160715102706j:plain

この状態。

むっちむちの主人の胸なんかに目線があっても楽しくなかろう。

子の気が紛れるよう目線を外に向けたいのだ。

 

鬼のように検索した結果、リルベビーが全ての条件を満たした。

フルメッシュの外向きで抱っこ可能。

ウェストサポートでヘビー級赤ちゃんも楽々運搬。

使ってみた感想として、非常に良い。

特にウェストのサポート。がっちりサポートされて

我が家のようなジャンボ赤ちゃんを持つ親には助かる。

肩ひも部分もフカフカで食い込まない。

個人的な感想としては、あまりオンブでの使用は向かない。

例の腰サポートがおんぶ状態の時は使えないので、

サポート力が激減するのだ。

我が家は、基本前抱き使用なので余り問題では無いが。

 

さて、大満足で使用しいるのだが、一つ問題がある。

道行くご老人達が、まーーーーーーーー勝手に子に触る。

前抱きで面出し状態。

親馬鹿なのは承知なのだが、我が子は人形の様にかわいい。

ふわふわクルクル巻き毛に、どんぐり眼に睫毛ばさばさ。

おまけにムチムチボディで太ももの美味しそうな事。

触らずにはいられないのは分かるが、突然触るのは止めて頂きたい。

私と主人と三人体制の時は、ご老人達は私の打ち解けない雰囲気を

読んでか知らずか触ってはこない。

主人と子の二人体制では100%でご老人に囲まれる主人と子。

両者、コンビニに繋がれた犬の様な感じで囲まれている。

そして、べたべた触る触る。完全にペットのようだ。

 

可愛がってもらえるのは有り難いが、

あんまり急にベタベタ触られるのはねぇ~

除菌とかそんな細かい事は言わないけど、

どんな人かわからない人から突然触られるのは

犬でもビックリして吠えるぞ。

ぽーっとした主人と人形の様な我が子の組み合わせでは

何してもOKな感じ出まくりなのだ。

 

細かい事は言いたくないが、

やはり突然知らない人に子を触られるのは怖い。

そして、私がまるで用心棒の如く、

三人体制の時は起きないのも気に食わない。

そんなに、私は威嚇するような風貌なのだろうか・・・・