生活をする

日々の記録

欲しい物しか欲しくない

 

国際結婚を日本でしている友人がいる。

そして、彼女も苗字を旧姓のままにしている。

理由:色々と変更が面倒くさいから

 

だよね・・・国際結婚の特典であるNO苗字変更。

使わない手はない。

 

そんな彼女と土曜の深夜のファミレスでダラダラしていた。

また彼女も別居婚なのだ。彼女の場合は日本国内別居なのだが

ご主人は月の半分は海外出張で、別地域で居を構えている。

お付き合い期間から結婚までと、最長で過ごした時間は10日。

10日以上一緒にいた事がないというw

何で結婚したのか良く分からないのだが、それぐらいの結婚生活の方が良い。

もの凄く羨ましい・・・・戻りたいわ~別居婚

 

彼女のご主人が、彼のお母さんに羽布団をプレゼントするらしーのだが、

そこそこの高額商品になるのだし、もしかしたら必要ないかもしれないから

お母さんに確認してから買ったほうが良いんじゃない?と提案したら、

「いいかい?息子からのプレゼントを嬉しくない母親はいないよ?」

キラキラな眼で言われて己と己の交友関係者の心の濁り具合を痛感した!との事。

 

確かに!!!私は完全に濁り属性。

子から何か貰ってケチつけない自信がない!

だってプレゼントは欲しい物じゃないならいらない~

 

さすがに、子が作った何かとか、お小遣いからマミーにプレゼントとかに

ケチをつける程に鬼母ではないが、子が育ち大人になって何かくれるのなら

主人と同じ扱いでサプライズ禁止。私の欲しい物しか渡して欲しくない。

必要ないもの貰っても使わない。下手したら欲しい誰かに渡してしまう・・・

 

世の中サプライズ狂いが多いが、中には断固拒否の偏屈もいる。

私も友人も自分の持ち物に拘りが強いのだ。

サプライズ自慰行為に付き合ってあげれる程に女スキルが高くない。

子には、世の中にはサプライズを嫌う偏屈女もいるし、

プレゼントの基本は相手が喜ぶ事だよ!と教えようと思う。

そして成人後は、サプライズ禁止でマミーへのプレゼントは一緒に選ぶという

ファミリールールを通達しようと思う。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする