読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

調べる中毒

 

とにかく調べるのが好きだ。インターネット最高。

なんせ直ぐ調べれれる。

インターネット以前のように本屋に出向いて

「うがーーー!!!ない!」ってのが無い。

情報の真偽は自分で見極める必要はあれど、

せっかちな自分には直ぐ調べれるネットはマジで最高。

 

夏のLA遠征に向けて調べる中毒が加速している。

なんせ限られた滞在期間で食べれる食事数は決まっている。

おまけに子連れだ。レストランは、ほぼ諦めている。

ファンシーなレストランなど夢だ。

それでも食べたい物はたくさんある。

メキシカンを浴びるように食べたい。とにかくメキシカン~

 

帰りの飛行機が夜中で、滞在先は確保してあるが車の返却が

20時までなので、空港でシャワー浴びたいなと思い検索を始めた。

 

んんん???主人のカード特典変わってるやんけ!

以前まで、プライオリティラウンジの同行者は有償だったのに

二人まで無料になっとるぅ~。

特典の改変時にUberの事を主人が話していたのだが、

Uberのクーポンよりコッチ発見しとけよ。

相変わらず、主人の目は節穴。

主人+わたし+子の3人で入れるじゃないか。

トランジットでもけっこう空港にいないといけないから助かる。

楽天ANAをプレミアムカードにアップグレードしようかと思っていたが

別の航空会社のクレジットカードの年間費があるので

ダブルで払うの嫌だな・・・と躊躇していたのでマジで嬉しい。

 

アメリカはクレジットカードによって個人の支払い能力を証明する社会なので

一度取得したグレードの高いクレジットカードをキャンセルすると

その後の人生に非常に大きく響いてくる。もう笑っちゃう程にハードモード。

車のローンに、住宅ローン。すべての返済率に関わるし、

下手したらローンを組ませてもらえない等の案件になってくる。

現在主人の所持しているクレジットカードをキャンセルしたら

もう二度と我々はあのグレードのカードを取得できない気がする。

18歳の頃から学費をカードで払い、目ん玉飛び出るような額を

カードで処理して築き上げたヒストリーなので手放せないのだ。

全く使わなくても血の涙を流し年間費を払うしか我々には選択肢が無い。

本音では身の丈に合ってないし、糞みたいな年会費に反吐がでるが

今後の家族運営上キープするしかないのだ。

 

ムカムカしていたクレジットカードだが使える特典を

発見をして少しだけ溜飲が下がった。

ふふふ、調べる中毒のおかげだ。感謝しろ、主人!!