読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

鈍る感覚

 

私は、少女も思春期も女としても上手に生きれてなかったと思う。

良くいる自意識が誇大した繊細で面倒で、ある種図々しい存在だった。

思い描く自分とリアルな自分の高低差に息切れをし、

何時も何だか「ここじゃない何処か」感と共に時間を消費していた。

地元でも、地元から越境入学した中学・高校でも、更には留学先でも。

謎の焦燥感と共に生きているのは、楽しい時間があれどもしんどい。

よくある若い時代のヒステリー的な感覚なのだろうけど

本人的にはソコソコしんどいのだ。

 

今ババアとなり、私はイキイキしている。

ババアを上手に生きているのだ。

これから死ぬまでババアとして上手に生きれる幸せ。

ババアになってやっと息が出来ている気がする。

 

何時でも今が一番と生きてきたけど、

確実に今が一番精神的に安定してるしイキイキしている。

10代・20代の頃にあった、キリキリした脆く儚い感覚と感情に

綺麗さっぱりと決別し、立派なババアとして生きれていれる。

脆く儚い感覚と引き換えにババアを手にし、鈍る感覚の存在へとなった。

 

ババアって良い。

しんどかった若い時代を経てババアを謳歌している。