読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

ずん、ずん、ずんずずずずん~~~~~~

 

タイトルのインパクトに気づけばamazonで予約購入してしまった

こだま氏の「夫のちんぽが入らない」が少し前に我が家にやってきた。

 

www.fusosha.co.jp

 

手にした日、子が運よく早く寝てくれたので

寝るまでに読破する事ができた。

 

感想 : 普通に泣ける。文章綺麗。人に勧めたいがタイトルで躊躇。

 

「ちんぽ」・・・・なかなか口にする事のない単語だ。

80年代なファンシーな字面感&雰囲気はあるものの、

そのファンシーさ故の毒も良い感じではらんでいる。

わりかしヘビーな内容を「ちんぽ」という単語でファンシーにしてるが

やはり「ちんぽ」Matterなので深刻な部分もある。

色々な夫婦な形であって良いし、家族運営の運営法など

各家庭によって多種多様で当然なのだ。

そこに行きつくまでのヒリヒリ(物理的には切れて大惨事でもある)する

関係性をユーモラスに適度に切なく書いてある。

10代の出会った時のキラキラ感たるや、冒頭だけでババアは泣ける。

ババアはキラキラしたものにたまに触れたい。

過ぎた時間と、淘汰された感性。

ババアだってキラキラを楽しみたい時もあるのだ。

(キラキラ過ぎたり、ギラギラしてたら萎える。宝塚除く)

 

良い本を読んだと、リビングの机にほかっておいた翌日。

「あんた、相変わらずワケわからん本読んでるね・・・」

妹に見られてしまった・・・「夫のちんぽが入らない」

なに?この感情。エロ本みつかって事情説明必死みたいな。

サラっと流しておけば良いものを、

「夫のちんぽが入らない」というインパクト過多のタイトル、

そして結構良い本だったので適当にできなかった。

 

一通りの事情説明に、内容を妹に話し、個人的に心に残った

ずん、ずん、ずんずずずずん~~~~~~の件を実践して

妹にやってやった。大笑いしてたので良しとしよう。

あと、子供もいる事だし本の出しっぱなしは注意します。