読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

子とトラ

 

我が家のプリンセスことキジトラのトラさん。

己より小さきモノを一切合切受け入れない。

 

子、トラさん大好き。

ただ、まだ末端神経が発達していないので

お触りがかなり乱暴。

触るというより、グーで殴って毛を毟る・・・・

 

今までは我慢していたトラさんだが、先日ついに爆発。

もう動く赤子など、赤子特権で寛容な措置はとらぬぞ~!と、

執拗に触ってくる子に、きぃぃぃぃぃぃぃ~となり

猫パンチからの爪にて反撃。子のぷくぷくお手てにミミズ腫れ。

ま・・・・そうなるわな。当然の結果ですわ。

泣くと思っていた子は、

「信じられない・・・・僕に手をあげるなんて・・・・」と、

なんか良くわからないドマラチックな表情で呆然。

 

お前・・・そんな暴行働いて反撃ないと思ってたのか・・・

 

赤子だから仕方がないが母は衝撃。

そうか、こいつはまだ自分が全てに受け入れられてるという超現象状態の赤子。

ちょっとずつ思い通りにならないを体感していく一歩が今日でトラだったのだな。

トラ先輩にありがとうと言わねばな。

 

まだわからないから!と主人は言うが、

分からなくても何時かのタイミングでわかるのだから言い続けるしかない。

子に向かって、アンタが悪い!アンタが遊んでるツモリでも

相手が不愉快ならソレは遊びじゃない!だから、引っ掻きも自業自得!

優しくゴロゴロ言わせる撫でまで数年かかるかもしれぬが、

子よそれがお猫さまとの共存だ。

 

母は子の事が大好きだが、トラさん(お猫さま)も大好きなのだ。

仲良くしておくれ~