読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

お猫さまのお力たるや

 

我が家には先住のトラ猫のトラさんがいるのだが、

トラさんは自分以外の小さきモノを認めない。

中々の性悪猫さまなので、当然赤子など眼中にない。

主人が越してきてストレスを溜めベッドに糞を置き去りにしたり

消化半分ほどの野ネズミをベッドに吐き置きするなど、

数々の蛮行をされどもトラさんを受け入れるのみ。

お猫さまのお世話というのはそういうモノなのだ。

(そう思わないと無理。マジで言う事なんか聞いてくれない)

主人にも、「あんたより先住のトラさんをもっと敬愛しろ!」と

何度も忠告してきた。

 

子が産まれ、今まで全てにおいて優先されていたトラさん案件も

優先されない場合も出てきたのでストレスが更に加速。

されども、さすがお猫さま。赤子は傷つけない。

どれだけストレスが赤子で溜まろうが、赤子本人には向けない。

我々夫婦が困る事だけをなさる。

「おまえらの監督不行き届き故にの制裁だ!」と言わんばかりに

今まで障子など引っ搔いた事もないのに、子が絡んだ翌日に障子を引き裂く。

 

妹子①もトラさんが目の前にくると「ひぃぃ~」と喜びの奇声を

あげていたのだが、子もやはりトラさんが気になって仕方がない。

気になって仕方がない心が体を突き動かし、ソファに横たるトラさんの

ふわふわお腹を触るべく何の予兆もなし突然つかまり立ちを達成。

まだズリ這いもハイハイもまだなのに、いきなりのつかまり立ち。

さすが、お猫さまのお腹。触りたいよねぇ~、母もトラさんのお腹大好きだ。

 

当然、トラさんは不機嫌。お腹を触られるのは好きだが

子の乱暴な触り方ではストレスが溜まるだけ。

すみません、トラさん。少しだけ付き合ってやってください。

我々両親からも子によく言い聞かせますんで。

 

7か月と1日でつかまり立ち達成。

子がどんどん育っているな。