読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

ムスカ大佐

妹子

 

妹子①が絶賛ジェラシーの塊である。

初孫として大人の注目を全て己が手にしてきた日々から、

徐々に己への注目度が下がり(子&妹子②誕生の為)

まじ赤ん坊への世話で大人の注目が足りないのだ。

彼女が愛してやまない私の主人も、

子の世話で彼女との触れ合いも二の次になってしまう。

 

妹子①、妹が妹子②に哺乳瓶で授乳していると、

哺乳瓶を取り上げブン投げるという超行動的な抗議をする。

しこたま色々な大人から説得(と言う名の叱り)され

ぶん投げ行動は自粛するようにはなったが、

気に入らない気持ちは止まらない。

ならば同情に訴える方向性に転換しようとなったのか知らぬが

授乳が始まるとタオルで片目を押さえてヨロヨロと

母である妹をチラチラ見てくるらしい。

 

f:id:narippa:20160829104225j:plain

 

かなり終盤のムスカ大佐らしい。

生まれて一度も病気をした事がなく、

転げて結構な流血をしてもケロっとし、

基本的に常に青あざ絶えぬ暴れん坊のムスカ大佐など

嘘にきまっとるやろ!

と、思わずにはいられない。ただ、面白いダケだ。

哺乳瓶ブン投げより害も無い上、面白いので放置してるらしい。

 

ムスカ大佐、どーか寛大な気持ちでいて欲しい。

あなたのご機嫌を伺って大人は動いているのですよ。

なんせ、あなたのご機嫌を損ねると動けない赤ん坊×2が

ラピュタの怒りを受けてしまうので。

今日もムスカ大佐は授乳の度に現れているのだろう。