読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

赤子の泣き声

 

ほんとコレばっかりは苦手で仕方がない。

己が子だろーが、よその子だろーが関係ない。

とにかく泣き声が聞いていられないの一言に尽きる。

子が産まれる前から苦手だし、今も大変苦手。

 

子が泣き出したら、直ちに対処し泣き止ましたい。

耐えれないのだ。

泣いてる子が可愛そうなのもあるが、

自分が泣き声をとにかく聞きたくない。

分かりやすい位に泣き声でイライラしてるのがわかるそうだ。

イライラしてるというより、自分的には焦っている感覚で

とにもかくにも泣き声ストップ~と必死なのだ。

この焦ってる時に、主人から間抜けな事を言われると

なんでおめーは泣き止ますのに全力を注がない!!!

と泣き声でピリピリしている私を更にピリピリの高みに

導いてくれる、のんきな父さん主人。

 

馴染みの中華料理屋(日本人ほぼ皆無で激うるさい)に

先日デビュー戦で子を連れて友人と食事をしたのだが、

店が狭いので私だけでストローラーを車に置きに。

残された子が異空間に徐々にパニックを起こし、

母である私がいないので更にパニックで大泣き。

仕事復帰後は主人と過ごす時間が長いので二人でも

大丈夫と思っていたが甘かった。

会話もままならない位基本うるさい中華料理屋で

鳴り響く子の泣き声。店に戻って即でパニック母となった。

のんきな父さんは焦らない。

焦らないのは結構だが、授乳すれば落ち着くのだから

そのサポートをして欲しいのに全くわかっていない。

あーーーーーー察しろ!と無意味な感情が沸いてしまう。

指示すればやってくれるが、その指示すらも無理なくらい

赤子の泣き声と授乳の準備で手一杯なのだ。

 

色々気をまわして先回りが出来る器用な人でないのは

重々承知なのだが、子が泣いてる時に馬鹿な会話を優先し

子をあやす事に注力できない姿勢が非情にムカムカしたので

昏々といかに私が泣き声へ拒否反応があり、

会話をしつづける主人に対して子より自分の事とという

不信感が覚えると説明して以降、

子が泣き出したら馬鹿話は止めるようになった。

 

しかし、まだ有効なサポートをするには至ってない・・・

期待はせぬが、イライラは募る。