読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

やはり国家レベルの陰謀に違いない・・・

出産 友人

 

先日、友人が第二子を出産した。

無痛分娩である。

分娩直後の彼女と子の写真が送られてきたのだが、

彼女の余裕の表情たるや!無痛の余裕としか思えない。

やってやった感なる達成感しか現れていない、余裕の表情。

通常分娩後では決して出来ない顔である。

予てより、彼女は今回は無痛出産にすると宣言していた。

二度と、もう二度と普通分娩はしないと力強く言っていた。

もの凄く気持ちが分かる。

するっと産んだ方である私も彼女も、あの痛さを受け入れ難い。

何に対して怒ってるのか分からぬが、とにかく怒りが沸く痛み。

ベッド脇にいる主人に猛烈に怒りが沸く。

なんでお前じゃなくて、私がこんなクソ痛いんだよ。

おめーが妊娠から出産までしろや!!!と兎に角ムカムカしていた。

この怒りの感情など、まだ本格的な陣痛前故に持てる感情。

そこからの、無限地獄のように続く激痛だ。

一回体験したら十分。二度とゴメンである。

あんな馬鹿げた痛みのお陰で、二度と子供など産むものかと強く思ったものだ。

 

無痛友人など、もう一人産んでも良いかも★との事。

すごい、無痛の威力たるや。

まったく真逆の気持ちになっとるではないか!

本格的な痛みが始まる前に麻酔をし、上の子の相手をLDRでし、

更に分娩台に上がっても「あー腹減ったな。お昼なんだろ?」と

ずっと昼食の事を考えながら子を産んだそうだ。

なんという余裕!!!!!

 

調べれば調べる程に、無痛分娩が普及しない理由が馬鹿らしい。

これといった強い理由などなく、

「お腹を痛めてこその出産」と、麻酔科医の不足。

不足解消しろや、厚生労働省さんよぉ~

国主体で無痛分娩進めていっておくれよ。

保険適用外で5~10万で済むなら払うよ、そんな金額。

だから無痛分娩がどの産院でも、どのタイミングでも

万全に行えるようにしておくれ。

2人目以降など、上の子の世話も退院後に控えている。

ダメージ少な目にしないと、ババア出産組は乗り越えられない。

 

ますます無痛分娩への気持ちが高まる友人レポートだった。

FUCK JAPAN。とにかく無痛分娩を早急に国家事業で進めろ。

オリンピックなんかどーでも良いんだよ!

子が生まれないと、そのオリンピック出る人間もおらんくなんぞ。