読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生活をする

日々の記録

ボーっとしてたら高齢出産

三十代中盤に差し掛かる前に結婚し出産した友人がいる。

友人間では、「彼女はしっかり人生計画したシッカリ者だ」

という事になっているのだが、そもそも私も他の友人も、

シッカリ者の友人すらも世間からズレずれ感覚だったのだ。

彼女の結婚を我々は「早くに結婚した」という感覚でいるのだが

ぜんぜん早くない。

普通くらいなのか、遅いのかわからないが、早くは決してない。

なのに、「あの子は早く結婚して子供産んで計画的だわー」

大間違い。結構ババアだからサクサク進めていかないと

子供が産めなくなるなるのだ。

なんの根拠もなくババアでも子供が産めると思ってた自分。

実際産めたから良かったものの、不妊で苦しんでる人は多い。

産めなきゃ産まないでウチは主人と仲良くやってけれるとは思うが

そうでない夫婦もいるワケで、

なんというか子供は欲しいのであれば早く産んだ方が良い。

悔しいが糞ジジイ・ババアの意見よりになってしまうのが本心だ。

子供を持たないという選択も当然あるので、

ほんと、「早く子供を産む」は欲しいと思ってる人限定の考えだ。

 

己の大きな時間感覚のズレに気づいたのは結婚してから分かった。

シッカリ者友人と、私たちは色々とボーっと自分勝手にし過ぎたツケが

この高齢出産・子育てという形で現れたんだな・・・と沁みじみと語った。

ある程度若くないと妊娠・出産・子育てが体力的にキツイのだ。

もちろん金銭的な余裕はあるし、今まで働いてきたキャリアもあるので

仕事復帰も、あるいは転職も余裕なのだが、体力が無い。

あと、やっぱ不妊のリスクだ。

 

結婚など早くする必要などないと今でも思ってるし、

(というか結婚なんかいくつになってもしなくても良い。

ウチは色々書類上の問題でせざるおえないからした。)

大いに自分の事だけ考えて生きる時間も必要だと思てる。

子供。ほんとコレばっかりは若い方が良い。

どこかの中学校の校長が早く子供産めと生徒にスピーチして

性差別だと叩かれたいたが、

高齢出産した身としては、校長の言ってる事は間違っていない。

早くに子供を産んで尚、女性が自己実現できる社会にならない事の方が

とっても性差別なんじゃ無いかと思う。

 

子供を産んだら、女性自身の人生が上がり感がある日本。

そりゃ誰だって産みたくない。

自分の事が何も出来ない人生しか待っていないなんてお断りだ。

さんざん自分の事しか考えず生きてきてこそ、

色々と子供と主人のout of controlを受け入れられる。

 

とりとめもない事を書いたが、欲しけりゃやっぱ早く産んだ方が良い。

ほんと体力がない。精神力ダケで乗り切る日々だ。

2人目とか、もはや異次元の話である。